希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 浦和美園地域 > 岩槻の古式土俵入り(釣上地区)

岩槻の古式土俵入り(釣上地区)

ふりがな いわつきのこしきどひょういり
開催時期 10月の第3日曜日
場所 神明社(岩槻区大字釣上220)
文化財等指定 国指定 重要無形民俗文化財
鷹や虎、鯉など勇壮で縁起の良い柄をあしらった色とりどりの化粧回しを身につけた幼稚園から小学校6年生までの男児が、土俵入りの型を披露します。子どもたちは「年少組」と「年長組」に分かれ土俵入りを行いますが、年長組のうち最年長者3名で「三役」、三役に1名を加えた4名で、「二人組」「四人組」の土俵入りを行います。
 
【土俵入りの流れ】
神社到着後、本殿に参拝
土俵場に移動
神職による御祈祷
年少組の土俵入り
年長組の土俵入り
三役の土俵入り
行司に祭文【神々に口上を述べる】
二人組の土俵入り
四人組の土俵入り
 
スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 未来都市推進部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ