希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 中間地域

自然、農村文化とふれあう憩い場 中間地域

自然環境に恵まれたこの地域では、農業との共生や地域の伝統文化が身近に存在しています。

直売所で新鮮な野菜や特産品の加工食品等が販売されています。また、近年ヨーロッパ野菜の栽培も盛んに行われ、朝採れの新鮮な野菜を使ったイタリアやフレンチ料理が市内のレストラン等で味わえます。

数少ない民俗行事として9月に篠岡八幡大神社(笹久保)で国の重要無形民俗文化財指定となっている「古式子供土俵入り」が奉納されます。

<直売所についてはこちら>
https://www.city.saitama.jp/004/001/003/002/p058435.html

目白大学さいたま岩槻キャンパス

目白大学さいたま岩槻キャンパス(保健医療学部・看護学部)では、自然に囲まれた静かな環境の中で、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士というリハビリテーションの専門職と、看護師・保健師を目指す約1,200人の学生が学んでいます。国家試験受験に向けた勉強のほか、岩槻について様々な角度から学ぶことで地域社会について考える「地域社会で生きる」も人気の高い科目です。

また、学生の学びの場としてだけではなく、広く市民の方を対象とした公開講座の開催や、地域との連携事業にも積極的に取り組み、地域の交流拠点としての役割も果たしています。

<目白大学>
https://www.mejiro.ac.jp/

目白大学耳科学研究所クリニック

クリニックは目白大学さいたま岩槻キャンパス内にあり、のどの痛みや咳、耳の痛み、くしゃみ・鼻水といった耳鼻咽喉科領域の一般診療に加え、めまい・ふらつき、耳鳴り、いびき・睡眠時の無呼吸など難治性の症状に対する専門的な診療も行っています。 めまい・難聴、言語聴覚リハビリテーションの分野では、小児からご高齢の方まで関東圏から多くの患者様が来院されています。

<目白大学耳科学研究所クリニック>
https://www.mejiro.ac.jp/clinic/

篠岡八幡神社

篠岡八幡神社では、秋の祭りに氏子の子供たちによる「古式土俵入り」が子供の成長と五穀豊穣を祈って奉納されます。この「古式土俵入り」は2005(平成17)年に国指定の重要無形民俗文化財となっています。

見る・楽しむ

いわつきマルシェin目白大学

岩槻の地域資源である食文化を生かし、目白大学と地域団体が協力して開催する「食の祭典」で…

染谷花しょうぶ園

毎年6月に鑑賞用しょうぶ園を開園しています。   地図をご覧になる場合は、下記…

栽培指導つき体験型農園

春夏野菜から秋冬野菜まで様々な種類を年間を通じて栽培できます。一般の市民農園と異なり、私たち…

スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 未来都市推進部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ