希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 浦和美園地域 > 南部領辻の獅子舞

南部領辻の獅子舞

ふりがな なんぶりょうつじのししまい
開催時期 5月15日、10月15日のそれぞれに近い日曜日。
場所 鷲神社境内
アクセス JR浦和駅東口からバス「さいたま東営業所」行き、【総持院】下車、徒歩7分。

南部領辻の鷲神社に奉納される獅子舞で、別名「竜頭の舞」と呼ばれています。言い伝えによると、今から900年くらい前、無精で笛の名手である新羅三郎義光(源義光)が、兄の八幡太郎義家(源義家)を助けるために奥州に下向した際、軍兵の士気を鼓舞するために舞ったものを、土地の人々に伝授したものだといわれています。

スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 東部地域・鉄道戦略部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ