希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ > まちかど雛めぐり&グルメめぐり!

まちかど雛めぐり&グルメめぐり!

岩槻地域

2017年03月15日


こんにちは。スズキ家の母です。お友達といっしょに「人形のまち岩槻まちかど雛めぐり」へ行きました。目的は、雛めぐりグルメ♪そんな私たち、パンフレットを見ながら「どこでなに食べる〜?」と相談していると、案内所のおじさんが手招きを。「見どころ教えるから、来て来て!」。ラッキーなスタートです(^^)

 

170310_01.jpg

おじさんはすごい!自分で撮った写真を見せながら「ここに行ってこれを見たら良いよ」と詳しく教えてくれました。地図に印をつけ、時間やめぐり方まで丁寧に。先ずは、今年初めて展示されるという「岩槻の風景屏風」を見に、東玉人形ビルへGo!

 

170310_02.jpg

雛めぐり期間中は入館料が無料になるという「東玉人形の博物館」。江戸時代の享保雛などが展示されていました。さまざまな時代のお雛様たち。顔も形も違います。なるほど〜。

 

170310_03.jpg

おじさんが教えてくれた「岩槻の風景屏風」。これかー。東玉人形ビルの中二階にありました。岩槻の街の神社仏閣や名所、岩槻城址と五節句などを表現した大掛かりなこの屏風、全て版画です。見応えありました。

 

170310_04.jpg

続いて、市宿の市神「八雲神社」へ。

この雛人形は皇太子が儀式の時に着用する「黄丹袍(おうにのほう)」を着ている珍しいものだとか。染め色はくちなしとべにばなで作られていて、皇族のみに許されたものなのだと教えてもらいました。この衣装、何ともいえない落ち着いたきれいな色なのです。うっとり。

 

170310_05.jpg

ひと休みは、創業160年にもなる老舗の和菓子屋「田中屋本店」さんで。当時の建物をそのまま残したという店内で、草もちをいただきました。上品な甘さの小倉あんに軽い苦味のよもぎ餅。たまりません。ということで、グルメ旅のスタートです(笑)

 

170310_08.jpg

ランチは、これ!

雛めぐり限定メニューを楽しめるという数々の参加店。パンフレットを見ながら、たまには贅沢をしようということに。「料亭ふな又」さんで「岩槻ひな人形御膳」をいただきました。雛人形がずらりと並べられた部屋で、お雛様を鑑賞しながらのお昼ごはん。おしゃべりも弾みました。

 

170310_06.jpg

お腹がいっぱいになった私たち。
続いて酒蔵「鈴木酒造」さんへ。「酒造資料館」には、まちかど雛めぐりに合わせてたくさんのお雛様が飾られていて、飽きない。お酒をつくる道具と一緒に飾られたつるし雛。これもまた趣があり、楽しめました。

 

170310_07.jpg

美しいものをたくさん見て、おいしいものを食べ歩いた「人形のまち岩槻まちかど雛めぐり」。鈴木酒造さんで大吟醸の酒粕を手に入れ、大満足♪夕飯は家族のために、魚と野菜をたっぷり入れた粕汁を作ります!岩槻グルメ雛めぐりの旅、来年は家族と一緒に来ようっと♪

 

【この記事内のリンク先一覧】
・人形のまち岩槻まちかど雛めぐり
http://www.hinameguri.com/ (人形の町岩槻まちかど雛めぐり実行委員会事務局
・東玉人形の博物館
http://www.stib.jp/info/data/tougyoku.html(さいたま観光国際協会)
・八雲神社
http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/9912/(埼玉県神社庁)
・田中屋本店
http://www.saitamarche.info/shopinfo/36/(さいたまるしぇ)
・料亭ふな又
http://www.saitama-dentousangyou.com/76/index.html(さいたま市の伝統産業)
・鈴木酒造
http://www.saitama-dentousangyou.com/72/index.html(さいたま市の伝統産業)

   トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.urawamisono-iwatsuki.info/MTsystem/mt-tb.cgi/417
スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 東部地域・鉄道戦略部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ