希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 岩槻地域 > 人形供養祭

人形供養祭

ふりがな にんぎょうくようさい
開催時期 11月

 

11月3日(文化の日)に、岩槻城址公園人形塚で行われます。

この人形供養祭は、岩槻人形協同組合が人形を大切にしている方々が捨てるにはしのびないというやさしい気持ちに応えようと、毎年行っているものです。毎年の実績で人形が約1万体、参加者が約8千人という過去43年続いてきた伝統ある催し物です。

当日は、古くなって飾られなくなったり、壊れたり使えなくなった人形を人形塚の傍らにある岩槻城黒門の周りに並べます。

僧侶の読経のもと参加者が焼香し、人形の持ち主は受付の際に渡される供養札を天児(形代として幼児のそばに置き、災厄を移し負わせる人形のこと)をもとに、おたき上げをして冥福を祈ります。

参加者の中には県外の遠方からも訪れる方もおり、有名な行事の1つになっています。

なお、供養料は有料となっています。

スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 東部地域・鉄道戦略部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ