希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 岩槻地域 > 岩槻まつり花火大会

岩槻まつり花火大会

開催時期 8月

 

岩槻城下の夏を絢爛豪華に彩る人形のまち岩槻まつりが毎年8月下旬に開催されます。

この祭りは、岩槻の象徴でもある雛人形や歴史上の人物に扮した人達の仮装パレード、その後、幅10m高さ8mのジャンボ雛段に仮装した人が昇っての雛段飾り、そして挙式予定カップルの結婚式も行い“まつり”のクライマックスを迎えます。その他に神輿や山車の練り歩き、様々な踊り、各種イベント等も行われ“まつり”を更に盛り上げます。来客者数は約10万人を数えています。

岩槻の花火大会は、昭和63年度に始まり、平成16年度の岩槻市の閉止を以って一時中止されましたが、平成19年度に再開されました。

人形のまち岩槻まつりは、昭和51年7月に第1回目が始まり、昭和63年7月に第13回目を迎えました。当時のまつり実行委員会は、祭りをさらに盛り上げようという趣旨で、昭和63年第13回のまつりの前夜祭として、花火大会を実施したところ、大盛況であったために毎年続けられてきました。

平成19年8月には、さいたま市に於いてもかつて岩槻市が行った花火大会を再復活させました。

花火会場は、岩槻市当時と同じく岩槻文化公園とし、花火鑑賞者は約10万人を数え、約4000発の花火が色とりどりに夏の夜空を染めて行きます。

スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 東部地域・鉄道戦略部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ