希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > 岩槻地域

自然と歴史、文化を楽しむまち いわつき

埼玉県内で幕末まで存続していた城は忍城、川越城、そして岩槻城です。
岩槻城の築城は長禄元年(1457)扇谷上杉氏が古河公方への抑えとして家臣太田道真・道灌父子に築かせたともいわれています。天正18年(1590)の豊臣秀吉の関東攻めで落城しますが、同年秀吉の全国統一に伴い、岩槻城は徳川家の家臣高力清長が城主になります。同年豊臣秀吉は、岩槻城に入り庭の萩を見て和歌を詠んでいます。以後、岩槻城は幕末まで徳川譜代の大名が城主となりました。区内には総鎮守久伊豆神社、慈恩寺など歴史ある神社仏閣が数多く点在しています。

人形のまち岩槻

岩槻は全国的に有名な人形のまちです。地場産業は、起源がはっきりしない場合がきわめて多く、岩槻人形の場合も諸説があります。一般的には江戸時代の文化から天保期(1804〜1844年)に始まったと伝えられています。岩槻人形の特徴は、土ではなく桐の粉を使用したことで、壊れにくく精巧につくることができました。そして岩槻人形は、岩槻の代表的地場産業として現在に至っています。

武州鉄道

城下町の面影を色濃く残すまち並みにも、近代化の波は確実に押し寄せてきました。洋風の建築が徐々に増え、電柱が街路に建ち並びました。更に近代岩槻発展の夢を乗せて鉄道が走り始めると、新たなまち並みも生み出されました。こうして新たな景観が形作られてゆきます。

見どころ

城下町岩槻歴史散策

  城下町岩槻の史跡をめぐる、まち歩きで…

人形博物館

御所人形、雛人形、羽 子板、五月人形、衣裳人形やあや…

木力館

木力館では、常設展示と案内のほか、   ・木と家に…

ガイドマップ

祭り・行事

城下町岩槻歴史散策

  城下町岩槻の史跡をめぐる、まち歩きで…

岩槻黒奴

  江戸時代から日光の赤奴・甲府の白奴そ…

人形供養祭

  11月3日(文化の日)に、岩槻城址公…

まちづくりの動き

まちづくりの動き

岩槻地域のまちづくりの動きをご紹介します。

アクセス

アクセス

岩槻地域への交通アクセスをご案内します。

スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 東部地域・鉄道戦略部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ