希望を未来へつなぐ道 浦和美園〜岩槻ガイド

トップ > イベント情報 > 遊馬正画伯 講演会 <終了致しました>

遊馬正画伯 講演会 <終了致しました>

 岩槻生まれで、欧米で千数百点の絵画が所蔵されている画家、遊馬正画伯がニューヨーク在住36年を経て1998年に帰国されました。
1998年に岩槻コミュニティセンター(ワッツ)にて、帰国展を開催して以来の岩槻での開催となります。
帰国後もアメリカを中心に毎年個展が開催されておりますほどのアメリカでは有名な画家です。
アメリカ映画「ホームアローン3」にも主人公の自宅に遊馬正画伯の絵画が飾られておりました。1996年にはユニセフのクリスマスカードに採用されました。
日本育ちの画家(日本画壇)ではありませんので、日本では一部の人にしか知られていないのが残念ですが、アメリカで有名なディビッド・フィンドレー、ワーリーフィンドレー画廊の日本人としてただ一人の所属画家です。
2013年4月28日に卒寿(90歳)の誕生日を迎えられます。欧米では有名な遊馬正画伯がさいたま市岩槻区に在住しておられますことはさいたま市の誇りであり宝です。
89歳の現在も毎日キャンバスに向かって意欲的に創作活動をし、あくなき美への挑戦をしておられます。
つきましては多くの市民の方に遊馬正画伯の絵画の世界に触れて戴くと共に、講演会では先生より目標を持って生きることにより、より元気に余生が送れることを学んで戴ければと考え、卒寿(満90歳)記念絵画展並びに講演会を下記の通り企画致しました。
今年はニューヨーク、来年は三越日本橋本店での個展が予定されています。

日時 2013年5月3日(祝) PM2:00〜PM3:30
場所

岩槻駅東口コミュニティセンター5階ミニホール(先着100名様)

共催 遊馬正画伯卒寿(90歳)記念絵画展実行委員会
会長 松永 功
岩槻ときめき文化の会
会長 佐藤 昭
お問い合わせ

電話048-749-6866(エム&ユー企画 前田)

スズキ家の希望のくらしを
みてみましょう! 浦和美園〜岩槻に暮らすスズキ家のブログ 定住支援・補助制度 見沼たんぼのホームページ
  • さいたま市 都市戦略本部 東部地域・鉄道戦略部
  • さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会
ページTOPへ